シアリスの副作用

シアリスの副作用に関して、従来のED治療薬と比べても少ないと言われています。
報告されている副作用に関しては、
『頭痛』『顔が赤くなる』『ほてり』『消化不良』『鼻詰まり』
『背中・足・筋の痛み』など
日本国内の臨床データでは、257例中70例(27.2%)に上記のような副作用が認められました。
また、海外でのデータでは、2047例中599例(29.3%)に上記のような副作用が認められました。

硝酸剤又は一酸化窒素供与剤との併用は、血圧を下げる効果が増強して必要以上に血圧を下げてしまう恐れが有る為
併用禁止のお薬となっています。

稀ではありますが死亡例も有る為、心筋梗塞・狭心症・不整脈・高血圧などの治療歴がない事の確認は必須です。

他のED薬と比較

それでは、『シアリス』と有名なED治療薬『バイアグラ』『レビトラ』辺りを比べていきましょう。

効果比較表 シアリス バイアグラ レビトラ
有効成分 タダラフィル シルデナフィル バルデナフィル
効果持続時間 最大36時間程度 4~6時間程度 4~10時間程度
服用のタイミング 行為の約3時間前
1~4時間程度で効果
行為の約1時間前
空腹時30分程度で効果
行為の約1時間前
空腹時20分程度で効果
飲酒 適量であればOK 適量であればOK 適量であればOK
食事 基本空腹時の服用 軽い食事はOKも
効果は落ちる
軽い食事はOK
薬の形状 涙形で黄色 ひし形で青色 丸形でオレンジ色
副作用 ほてり・頭痛・消化不良・背部痛・筋痛・鼻づまりなど。
※30%程度の方に現れる症状です。
光過敏・目の充血・顔のほてり・頭痛・動悸・鼻づまりなど
※90%以上の方に現れる症状です。
目の充血・顔のほてり・頭痛・動悸・鼻づまりなど
※90%以上の方に現れる症状です。
特徴
個人的意見
シアリスは硬さなどの作用は普通です。服用時も軽食程度のならさほど問題ありません。時間切れの心配がなくなる為、プッシャーなどを感じずに、落ち着いて使用出来ます。金曜夜に飲めば日曜の朝まで効果があります。時間に余裕の有る時の1番候補です。様々な状況で使いやすいです。 やはり硬さに関してはバイアグラが最強です。但し、使う為の条件が整わないと効き目が悪くなったり効かなかったりするので、状況に応じて使用しています。相手がバイアグラ使用を知っている時など(薬が効いている時は目の充血と顔のほてりで心配されてしまう為)は、私は2番候補です。 レビトラは、何よりも速攻性です。突然来るチャンスには1番合うでしょう。硬さはバイアグラとシアリスの中間でしょうか。即効性が欲しい時や軽い食事をとってしまった後に訪れた、ここぞというチャンスを活かしたい時に使用します。バイアグラが時間や食事で使えない時の3番候補です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です